1. HOME > 
  2. HISTORY

CONVERSE HISTORY

1908

CONVERSE 創業

コンバースの歴史は、1908年、米国マサチューセッツ州モールデンに始まった。ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースは、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の地域性に着目し、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。
その翌年、雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。彼の見込みは的中し、コンバースのラバーシューズは、その品質の高さから圧倒的な支持を受け、1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していった。

1917

CONVERSE ALL STAR 誕生

創業者マーキス・M・コンバースは、ラバーシューズの販売が雪の多い冬場に集中することから、通年で販売出来る商品の必要性を感じていた。そこで彼が着目したのが、当時YMCAで教鞭をとっていたネイスミス博士が冬場にできるスポーツとして考案した、バスケットボールであった。さまざまな試行錯誤の末に1917年、コンバースはバスケットボール専用のシューズを開発する。それが「キャンバス オールスター」である。当時のキャンバス オールスターのスタイルは、現在のものと驚くほど変わらない。それだけこのシューズが完成された機能とフォルムを持っていたと言える。特に足首を保護するハイカットのデザインは斬新で、まもなくプロの使用に耐えうる本格的なバスケットボールシューズへと成長した。当時のスタープレイヤーだったチャールズ・H・テイラーは、プロバスケットボールリーグに入団すると同時にキャンバス オールスターの品質に惚れ込み、現役時代を通じて愛用。
引退後も全米中のハイスクールやカレッジのバスケットチームを尋ねてクリニックを開催しながら、多くのプレイヤーにキャンバス オールスターを広めた。さらに、今でいうプロフェッショナルアドバイザーとして、シューズの改良についてさまざまな助言を与えたのである。
彼の偉大な功績を称えて、1946年から彼の名がアンクルパッチ(くるぶしを保護するための円形のパッチ)に記されるようになった。世界最初のバスケットボールシューズのシグニチャーモデルはこうして生まれたのだった。

1922

YEAR BOOK 制作開始

コンバースは、1922年、バスケットボールの普及・振興のために、その年の全米大学リーグでのスコアなどをまとめたイヤーブックの制作を開始。
創刊当時はカレッジの話題を中心に始まったが、プロリーグの発足後は内容も充実し、一企業の冊子から全米中のバスケットボールプレーヤーのバイブル的存在へと進化していった。
プロリーグ人気の一翼を担ったこのイヤーブックは、1983年まで60年以上も継続して発行された。

1935

JACK PURCELL 発売

1932年から14年連続でバドミントンのワールドチャンピオンシップを獲得したバドミントン兼テニスプレイヤー ジャック・パーセルが開発に参加し、生まれたシューズが「ジャックパーセル」。その第1号は、1935年スポルティング社より販売された。50年代に入ると B.F グットリッチ社に販売が移行、この頃、ヒールラベルに”ヒゲ”が生まれる。1972年、コンバースとB.F.グッドリッチ社のシューズ部門統合により、コンバースの定番ブランドの1つとなる。ブルーのフラットソールを持つこのシューズは、当時最高水準の快適性、耐久性、パフォーマンス性を誇る、テニス・バドミントン・スカッシュ等のコート競技用として、往年の全米デビスカップのメンバーなど、プロの間で人気を博した。さらに、そのシンプルでクリーンなデザインは、当時、テニスを楽しむ上流階級の人々やハリウッドスター達の心をも魅了し、ステータスシンボルとなった。
現在「ジャックパーセル」は、そのヒールラベルのデザインから”ヒゲ”の愛称でも親しまれている。またトゥ部分のラインが微笑んでいる口元のように見えるため、”スマイル”とも呼ばれるなど、品質、デザインなどすべてが発売当時と同じテイストを保ちながら、今なお多くの人々から愛されている。

1940

SKIDGRIP 登場

1940年、当時人気のスポーツだったテニス専用シューズとして生まれたのが「スキッドグリップ」である。そのシンプルなスタイルとデザインは多くのテニスプレイヤーに愛用された。1980年代後半には、カラーやプリントのバリエーションも増え、またスケーターブームと共にミッドカット版の”CON-RAD”と呼ばれるシリーズも発売されて話題を呼んだ。

1968

ALL STAR バリエーション拡大

1968年、プロバスケットボールプレイヤーのための競技用モデルとして、レザー及びスエード製のオールスターを発売。その後オールスターは、徐々にその活躍の舞台をバスケットコートだけでなくストリートへ拡大していった。1971年、キャンバス オールスターのカラーバリエーションが追加され全8色展開となり、1984年には”Fashion All Stars” と名付づけられた柄や素材に意匠を凝らした新商品群を発売、その後もデザイン性に富む様々なオールスターを発売し続けている。

1969

“スター&バーズ”モデル JACK STAR

“スター&バーズ”(★マークと2本ライン)をアッパーに配した「スムースレザーオールスター」、通称「ジャックスター」の誕生は、1969年。この2本ラインは単なる飾りではなく、バスケットボールをプレイするときの足の激しい動きをサポートするためのものだった。
翌1970年にはスエードアッパーが、1972年にはスムースレザーのハイカットが発売されるなど人気を博したが、1973年に生産終了を迎える。
このモデルから2本ラインを取り、よりシンプルなデザインで後に発売されるのが、名作「ワンスター」である。

1974

「幻」の ONE STAR

最高のバスケットボールシューズとしてプロバスケットボールプレイヤーの8割以上に愛用されていたオールスター。しかし、1960年代後半からバスケットボールシューズを含めたプロユースのスポーツシューズの素材や機能がますます進化し、それまでのキャンバス素材からレザー素材を求める声が高まっていた。コンバースは、それに応えて優れた耐久性を持つレザーをアッパーに採用した「ワンスター」を開発する。
質の高いスムースレザーやスエードを採用したコンバースの新しいバスケットボールシューズは、製法上の難しさと素材の手配の理由で1975年までのわずか2年間しか製造されず、「幻の」という形容詞までつく70年代を代表するバスケットボールシューズとなった。その後、1984年に熱いファンの要望を受けて復刻されたワンスターはファッションの世界へと返り咲き、カラーやスタイルのバリエーションを広げながら現在に至っている。

1976

PRO-LEATHER 登場

この年、バスケットボールの歴史を変える伝説のプレイヤーがプロリーグにデビューする。 Dr.Jことジュリアス・アービング。まるで重力から自由になったかのような空中での技の数々、豪快にボールをリムに叩き込むスラムダンクなど、彼はそのプレイを芸術の域にまで高めていった。その華麗なプレイを足元で支えたのが、コンバースのレザー製バスケットボールシューズ「プロレザー」である。
若き日のジュリアス・アービングがキャンバス オールスターに憧れたのと同じく、足首の保護とサポート性考慮して開発されたプロレザーはバスケットボールキッズの憧れとなった。

1977

ランニングシューズの変還

ランニングシューズ分野への参入は1975年、アメリカのジョギングブームを契機として開発された「オールスター トレーニングシューズ」に始まった。翌年には、カラフルなナイロン製の「オールスター ナイロン トレーニングシューズ」を発表し話題となる。1977年、そのカラー展開から”青りんご”の愛称でも親しまれた人気モデル「スターファイヤー」を発売。さらに同年には当時の最新技術を搭載し、通気性の良いナイロンメッシュや防水性の高いスエードを用いた「ワールドクラストレーナー」も登場させるなど、コンバースのランニングシューズはバリエーションを増やしていった。

1984

LAオリンピックオフィシャルシューズ
スポンサー契約

ロサンゼルスオリンピックではオフィシャルシューズスポンサー契約を締結、これを機にスポーツ市場を拡大していった。この時にオリンピック各国のバスケットボールチームに提供したモデルがスターテックである。

1985

THE ODESSA 発売

現在では生産されていないエポックメイキングなモデルが1985年に発売されたオデッサである。足の甲にある血管を圧迫させないために、シューレースの位置がセンターよりも外側につけられており、当時はその斬新なデザインで注目を集めた。

1986

バスケットボールシューズの名作 WEAPON

くるぶしをホールドするY字型のサポートカッティングシステムを搭載したシューズ、ウエポンは1986年に発売された。機能性に加え、豊富なカラーバリエーションを揃えたこのモデルは、当時のトップリーグの両巨頭であり、また最大のライバル同士でもあったラリー・バードとマジック・ジョンソンの二人を起用した広告戦略でも話題を集め、全世界で400万足を売り上げる大ヒットを遂げる。

1987

KIDS SHOES の充実

オールスターなどがラインナップを広げていくのに伴い、1980年代後半には、デザイン性に富むキッズ商品が登場し始めた。1987年発売の恐竜シリーズ「コナソー・コレクション」や1988年発売の車シリーズ「コンバーチブルズ・コレクション」などの他、1992年にはジャックパーセルのキッズモデル「ジャック KID’S」も発表された。さらに2006年からは、「FIRST★STAR」をテーマとした、ワクワク、ドキドキするような、はじめての発見・体験をしたい子どもたちにむけたラインナップへと繋がっている。

1996

ALL STAR IS BACK

オールスターがバスケットボールコートを去って久しかった1996年、着地における足への衝撃を吸収するリアクトシステムを搭載したバスケットボールシューズ、オールスター2000を発表。
アンクルパッチがついたこのモデルは、キャンバス オールスターの伝統を受け継ぐとともに、機能を進化させてバスケットボールコートへ戻ってきた。

2005

JACK PURCELL リニューアル

「ジャックパーセル」が誕生して70周年に当たる2005年、リニューアルモデルが登場した。従来の「スマイル」や「ヒゲ」(ヒールラベル)が継承された一方、カップインソールやウエーブスリットソールを新たに採用し、従来のモデルよりも片足あたり約70gの軽量化を実現。
さらにトゥスプリング(つま先があがっている状態)を効かせ、よりスタイリッシュなモデルとなった。

2006

CHEVRON&STAR カテゴリー新設

コンバースが誇る名作モデルでも採用されてきたロゴ”シェブロン&スター”。現在ではストリートを舞台に欠かせない存在となり、2006秋冬より新たな歴史を刻むNEWカテゴリーとして誕生した。

2008

CONVERSE 生誕100周年

2008年、『100周年記念モデル』を100アイテム発表。ブランドの歴史を語る上で不可欠なシューズをベースモデルとしてピックアップし、それらに様々な「進化」を施しメモリアルパッケージにて展開した。同年、新ライン「CONVERSE ADDICT(コンバース アディクト)」誕生。ADDICT(=依存する、中毒)が意味するとおり、ファッションコンシャスな人々を魅了するCONVERSEの究極のシューズライン。三ツ星ヒールパッチ、プレイヤーズネーム、シャープなトゥキャップなど、1960年代のチャックテイラーに見られるシルエットやディテールを踏襲しつつ、ビブラムソールやアウトラストを採用するなど、美しく機能的に昇華させたアイテムとなっている。

PLAYERS

PLAYERS CONVERSE スーパースターの系譜

コンバースは、革新的なシューズを開発すると共に、バスケットボール史に名を残すプレイヤーたちへのサポートも行ってきた。

驚異的な飛躍により「ダンク」という新しい技法をバスケットボールに持ち込み、旋風を巻き起こした Dr.Jことジュリアス・アービング。
かつて無い頭脳的な試合運び、戦略的思考によるパスの組み立てでチャンピオンシップを獲得したラリー・パード。
ノールックパス、一人時間差によるフェイントの多様等、誰にもまね出来ない技術を駆使して「マジック」と言わしめた男、マジック・ジョンソン。
1992年プロリーグ新人王に輝き、”グランママ”の広告でも人気を博したラリー・ジョンソン。
7年連続のリバウンドタイトルを奪ったプレイヤーとして、またコートの外での個性的な振る舞いでも注目されたデニス・ロッドマン。
彼らを始めとするプレイヤーとのつながりは、コンバースがバスケットボールの歴史と共に歩んできたことを証明している。

Loading